制汗剤以外でできる対策方法はありませんか。

ワキガで悩んでいる18歳高校生です。制汗剤以外でできる対策方法はありませんか。

制汗剤以外でできる対策方法はありませんか。

汗をかいた後のワキの臭いにとても困っています。スプレータイプの制汗剤はいつも持ち歩いているのですが、あまり効き目がありません。ワキガに効き目のある良い方法ってなにかありませんか。

私達の体の汗は、体温調整や老廃物を出すなどとても大切な役目を持っています。汗を止めることは不可能ですが、臭いを改善するためにはあらゆる対策方法がありますよ。

 

一つ目は食生活。動物性たんぱく質を多く食べると汗の臭いが強くなる傾向があります。野菜類などを意識して食べると良いでしょう。思春期の体はホルモンバランスもまだ不安定なので、ワキガ対策として質の良い睡眠をとることも忘れてはいけませんよ。

自分でできる!ワキガ対策に最も効果がある方法

思春期のころから20代は体臭も強く、ワキガで悩んでいる方は多いですよね。近年日本の食生活が欧米化していることもあり、ワキガ体質も増えているといわれています。ワキガは生活全般を見直してアプローチしていきましょう。早速ですが、今日からすぐにできる改善策をご紹介したいと思います。

 

食生活の見直しをする

ワキガを始めとした体臭は食べ物との関連性があります。高脂肪な食べ物はアポクリン汗腺や皮脂腺を活発にする働きがありますので、臭いが強くなる原因です。

 

ワキガにはポリフェノールやカロテンなどの成分が予防効果があるといわれていますので、野菜や穀物類を多く摂取することがオススメ。思春期の頃はファストフードなどを食べる機会も多いと思いますが、このような食生活がワキガをさらに悪化させる原因いなっています。

 

ワキガは生まれつきのアポクリン汗腺の数により、どうしても防げないもの。しかし改善できる食生活はまず対策法として始めたいことの一つですね。 

 

質の高い睡眠時間をとる

睡眠中の深夜の時間帯は成長ホルモンが活発になる時。そのため睡眠不足が続いてしまうとホルモンの働きにも影響しますので、汗腺が活発になりやすくなります。ワキガの改善策として始めたい事が質の良い睡眠を毎日とること。特に成長期の10代やストレスでホルモンバランスが崩れやすい20代は、睡眠により体臭の予防改善ができるのです。

 

疲労が溜まった状態では、体のデトックス効果も衰えてしまいますので、さらにきつい臭いのワキガになる可能性がありますよ。早速規則正しい生活をするように意識しましょう。

 

ワキガ専用の制汗剤を使う

ワキガは毎日のお手入れが必要になりますが、一番簡単にできるのが制汗剤などを使う方法。汗を抑えて臭い菌の繁殖を予防します。ワキガはツンとした独特な臭いがありますので、一般的な制汗剤よりもワキガ専用のクリームタイプがおススメ。皮膚に浸透する有効成分はスプレータイプよりも効き目があります。

関連ページ

ワキガが遺伝するのは本当ですか?
家族にワキガの人がいる場合は約8割程度で遺伝する確率があるとも言われています。しかし遺伝率は100%ではありませんし、ワキガを自分でケアすることもできますので、臭いが気にならなくても普段から制汗剤などを使用しておくといいでしょう。気になるときは病院で相談してくださいね。
安く治療する方法はありませんか。
ワキガ治療に保険適用されるケースには医師がワキガを判断した場合や保険適用が認められている手術や治療を行う場合など。それぞれのケースにより異なりますので、まずは医師に診断してもらいましょう。保険適用外の自由診療の場合は10万円~30万円前後ほどかかると言われています。
ワキガかどうか調べる方法ってありますか?
ワキは体を清潔にしていないと誰でも不快な臭いがしやすいことが特徴。ワキガはほとんどの場合遺伝による体質が多く、多汗症とも呼ばれています。ワキガの特徴はすっぱいような臭いがすること。ワキガに共通するのが耳垢がじっとりしている点などがあります。
ワキガのクリームを使いたいのですが、効果があるのはどれですか?
ワキガクリームはそれぞれの有効成分の違いにより効果が異なりますが、効き目が良いタイプを選ぶには雑菌成分が配合されたタイプがおススメです。またワキガクリームは肌に刺激が強すぎると、さらに皮脂の分泌が不安定になりますので低刺激タイプがオススメです。