ワキガが遺伝するのは本当ですか?

父親がワキガの高校生です。ワキガが遺伝するのは本当ですか?

ワキガが遺伝するのは本当ですか?

現在18歳の高校生です。たまに汗をかいたあとにワキガが気になるのですが、私の父親がワキガなのでもしかしたら遺伝するのでは、と心配です。ワキガは遺伝するという噂を聞いたのですが本当でしょうか。

ワキガは誰でも気になりますよね。自分ではわからない時もあるので、臭いケアはエチケットとしても重要です。

 

ご心配のワキガの遺伝は本当です。家族にワキガの人がいる場合は約8割程度で遺伝する確率があるとも言われています。しかし遺伝率は100%ではありませんし、ワキガを自分でケアすることもできますので、臭いが気にならなくても普段から制汗剤などを使用しておくといいでしょう。気になるときは病院で相談してくださいね。

ワキガがおこる仕組みと遺伝の関係について

ワキガは深刻な悩みの一つです。特に女性にとっては毎日不安になることの一つですよね。気が付いた時には手遅れ、なんてことにならないように効果的な対策をしましょう。そこでまず知っておきたいのがワキガの仕組み。なぜ臭うのか、そして遺伝との関係をご説明いたします。

 

なぜ臭う?ワキガの主な原因について

私達の体には汗腺がありそこから汗を出しています。アポクリン汗腺と呼ばれるところから出る汗はたんぱく質や脂質が多く含まれ、アンモニア成分などにより皮膚の細菌が分解される時に発生するのがワキガです。

 

本来汗は無臭なのですが、食生活や生活習慣など複雑な事が要因となり臭いが強くなるケースがあります。アポクリン汗腺が多い体の部位は、ワキ、足、デリケートゾーンなど。これらの臭いの強い部分を理解しておけば、効率的な臭いケアができるのです。

 

注意!ワキガは遺伝する可能性あり

ワキガは汗腺の数により臭いの強さも変化します。汗腺の数は生まれつきのもので、両親から遺伝する確率が80%ほどあるといわれています。

 

またワキガの遺伝は優勢遺伝と呼ばれるもので、両親の二人ともワキガの場合は遺伝しませんが、片方がワキガの場合は半分以上の確率で遺伝してしまうのです。

 

体臭が気になるときは遺伝によるワキガの場合もありますので、早めに正しい対策を行い臭い予防をすることが大切ですね。遺伝は全ての人に当てはまるワケではありませんが、注意をする必要は十分にありますよ。

 

遺伝は思春期の頃に判明

ワキガの原因となるアポクリン汗腺は思春期の頃に成長するといわれています。そのため家族がワキガの場合、いつ自分に遺伝したかどうか知るには思春期がチェックポイント。9歳~13歳ぐらいの間に汗腺が発達してきますので、中高生ぐらいになると症状もはっきりする場合が多いのです。

 

遺伝はどうしても防ぎようがありません。気になるときは病院で治療を受けることも可能ですが、経験のある親のアドバイスを受けるなど効果的な対策方法を行うことをオススメします。また食生活の見直しなどで臭いを減らすことも大切ですよ。

関連ページ

制汗剤以外でできる対策方法はありませんか。
汗を止めることは不可能ですが、臭いを改善するためにはあらゆる対策方法があります。一つ目は食生活。野菜類などを意識して食べると良いでしょう。思春期の体はホルモンバランスもまだ不安定なので、ワキガ対策として質の良い睡眠をとることも忘れてはいけませんよ。
安く治療する方法はありませんか。
ワキガ治療に保険適用されるケースには医師がワキガを判断した場合や保険適用が認められている手術や治療を行う場合など。それぞれのケースにより異なりますので、まずは医師に診断してもらいましょう。保険適用外の自由診療の場合は10万円~30万円前後ほどかかると言われています。
ワキガかどうか調べる方法ってありますか?
ワキは体を清潔にしていないと誰でも不快な臭いがしやすいことが特徴。ワキガはほとんどの場合遺伝による体質が多く、多汗症とも呼ばれています。ワキガの特徴はすっぱいような臭いがすること。ワキガに共通するのが耳垢がじっとりしている点などがあります。
ワキガのクリームを使いたいのですが、効果があるのはどれですか?
ワキガクリームはそれぞれの有効成分の違いにより効果が異なりますが、効き目が良いタイプを選ぶには雑菌成分が配合されたタイプがおススメです。またワキガクリームは肌に刺激が強すぎると、さらに皮脂の分泌が不安定になりますので低刺激タイプがオススメです。