クリームを上手に使うコツについて

クリームを上手に使うコツについて

ワキガ対策のクリームは人気ランキングでも種類が多く、どれにしようか迷ってしまいますよね。そもそもクリームタイプの制汗剤は、使い方のちょっとしたコツを生かすことでさらに効果が発揮できます。ではどのような点に注意したらよいか、ワキガ対策のクリームの使い方のコツを見ていきましょう。

 

クリームを上手に使うコツについて

ワキガクリームを使うコツは

 

  • 清潔な肌に使うこと
  • 自分の肌タイプにあったものを選ぶ
  • 汗を拭きっとってから使う

 

3つのコツについてくわしく見ていきましょう。

 

お風呂上りの清潔な肌に使うと効果あり

ワキガ対策のクリームがブームになっています。しかし使い方を間違ってしまうと効果が半減してしまうので、コツを掴んで上手に活用しましょう。

 

ワキガは臭ってからクリームを使うよりも、臭い始める前に使用することがポイント。汗は皮膚の菌と混ざり臭いが強くなりますので、あらかじめ雑菌効果のあるクリームを塗っておけば予防対策になります。

 

そこでまずは入浴後が使うタイミングの一つ。体を綺麗に拭いた状態でクリームを気になるワキや足、デリケートゾーンに塗りましょう。そして夜中の汗を抑えたら、朝おきてもう一度クリームを使います。そうすれば1日しっかリワキガ対策ができますよ。

 

敏感なワキは低刺激なクリームを使う事

ワキはムダ毛の処理で剃刀や脱毛クリーム、また脱毛サロンに通って処理をしている人も多いですよね。そのため普段からワキは負担が多いため、敏感になっています。

 

添加物を使用したクリームは肌荒れやかゆみの原因になりますので、なるべく自分の肌質に合わせて選ぶと良いでしょう。人気ランキングで評判になっているクリームはどれも無添加タイプ。敏感肌でも使えるクリームなら、毎日のワキガ対策に安心ですよね。

 

クリームのメーカーによっては返金保証がある場合もありますので、気になる商品はまずお試しから使ってみるのも良いでしょう。無添加で無香料のタイプは香水とも相性が良いので制汗剤を使っていることがバレませんよ。

 

汗をかいた時のクリームの使い方について

汗をかいてしまった後はそのままクリームを使用せず、一旦汗をふきとってからクリームを使いましょう。汗の成分は皮膚の表面に残ってしまうため、上からクリームを塗ってしまうと消臭効果が減ってしまう可能性があります。

 

また衣類に汗が染みこんでいる場合も同様に、臭い菌は繊維のなかに入り込んでいます。着替えてからクリームを使うとより良い効果が発揮できます。

関連ページ

20代前半から始まるワキガについて
ワキガといえば中高年のおじさんをイメージしますが、実は20代前半の女性にも多い悩みのひとつ。ワキガは10代後半から始まり、ある日突然気が付く人もいるようです。20代前半のワキガとはどんなものか、早速特徴を見ていきましょう。
洋服からシミが消えない時はどうしたらいいの?
ワキガのアポクリン汗腺からでる汗は、皮膚についた雑菌や汗に含まれるたんぱく質により、とても粘ついた独特の質が特徴。そのため衣類に汗染みがついてしまうことは、女性にとっても悩みの一つです。こんな場合はどのような対策を取ると良いのでしょうか。
ワキガをすぐに消す方法を教えて
大勢の人が集まる場所やデートなどの大切な時。ふっと自分のワキガが気になり始めると、何も手がつかないほど不安になりますよね。こんな突然の場合、ワキガをすぐ消す方法をご紹介したいと思います。
洗い過ぎは臭いの原因になるって本当?
ワキをごしごし洗っても臭いを止めることはできません。逆に洗い過ぎはワキガの原因にもなりますので、正しい方法で肌のケアしましょう。そこで早速ですが、ワキガ対策に効果がある体の洗い方をご紹介したいと思います。
ワキガ対策はどっちがおすすめ?クリームVSスプレー
スプレータイプは手軽に使える制汗剤として一般的ですが、ワキガのような強い臭いにはあまり効果がないこともありますよね。では人気のワキガ対策のクリームとスプレータイプはどっちがいいのか、それぞれのメリットとデメリットを見ていましょう。