ワキ毛が濃い人はなりやすい可能性あり

ワキ毛が濃い人はなりやすい可能性あり

ワキが臭うのは汗をたくさんかいたからなのか、それともワキガなのか、一度不安になると自分の臭いってとても敏感になってしまいます。ワキガかどうかを調べるには病院でチェックする方法もありますが、まずはセルフチェックでわかる項目を見ていきましょう。

 

ワキ毛が濃い人はなりやすい可能性あり

 

ワキ毛とワキガの関係は

 

  • ワキ毛があると臭いが発生しやすい
  • ひとつの毛穴から何本も生えている
  • デリケートゾーンのムダ毛が濃い

 

以上3つの点を見ていきたいと思います。

 

ワキ毛を剃った方がワキガがしないって本当?

ワキ毛は剃刀で処理をすることが多く、毛穴がぼつぼつになり目立ってしまいますよね。実はこのワキ毛ですがワキガとの関連性があるといわれています。

 

ワキにはアポクリン腺がたくさんあるため、臭い菌を発生しやすいといわれていますが、その特徴として女性の場合は毛が濃い点があります。逆に男性の場合は柔らかいワキ毛の人はアポクリン腺が多い特徴がありますので、ワキガかどうか心配な場合はワキ毛の状態をチェックするとよいでしょう。

 

ワキ毛があると汗をかいた時に通気性が悪く菌が繁殖しやすくなります。普段からきちんとワキ毛処理をしておくほうがワキガの予防にメリットになりますよ。

 

ひとつの毛穴から何本も生えている人は要注意

ワキガはアポクリン腺の数によって変わるといわれていますが、アポクリン腺って目で確かめることができませんので、実際に自分がワキガかどうか判断するのは難しいですよね。

 

アポクリン腺が多い人の特徴として、ひとつの毛穴から何本も毛が生えていることがあります。このようにムダ毛が生える人は毛が太く、とても硬い特徴がありますので、汗や皮脂が付着しやすく菌が繁殖しやすい環境があります。

 

最近は脱毛サロンでムダ毛処理する女性が増えていますが、ワキガ対策としても効果がまったくないわけではありません。臭いの元はアポクリン腺から分泌される汗なので通気性を良くして菌の繁殖を防ぐことが対策のひとつです。

 

アポクリン腺が多い部位のムダ毛をチェックしよう

アポクリン腺が多い部位は体のなかにいくつか存在します。足の指、デリケートゾーンなど、これらの部位にムダ毛が多く生えている人はワキも同様に臭いに要注意です。

 

ムダ毛の処理は毎日手間のかかることですが、ワキガや体臭予防するためには欠かせないことですね。しかし剃刀は肌に傷をつける原因になりますので、肌の働きを守るためにも注意しながら行いましょう。ワキ毛処理も必ず最後に保湿をして肌を整えておくと安心ですよ。

関連ページ

心配な時は親にも確認してみよう
ワキガは親から遺伝するといわれています。ワキの臭いがなんとなく気になる場合は、親にも確認をしてみましょう。遺伝の場合は普段から効果的なワキガ対策をすることが必要になりますよ。
洋服に黄色く汗染みができる人は可能性あり
洋服にワキ汗のシミが付くことがありませんか。健康な人の汗は無色無臭といわれています。ワキガになると洋服にも染みが残るほど目立つ症状がありますので、セルフチェックで注意したいポイントを早速ご紹介したいと思います。
耳垢がじっとり濡れる人は汗腺の数が多い
耳垢とワキガの関係って一瞬ピンとこない人は多いと思います。臭いのセルフチェックでは耳垢を調べることがとても重要になりますので、なぜワキガのチェックで耳垢が大切なのか、その理由について見ていきたいと思います。
汗臭いのとワキガの違いを理解しておくこと
汗臭いのとワキガは一見同じようにも思いますが、実はそれぞれ違う特徴があります。ワキガの場合は効果的な対策を始めないと臭いの軽減をすることができません。気になる臭いは汗臭いものか、それともワキガなのか、違いを見分ける方法を見ていきましょう。
スプレーの制汗剤を何度も使わないと効果がない
制汗スプレーはワキガにはあまり効果がないといわれています。もしかしたらワキガかも?と不安になる方はいつもどんな制汗剤を使っていますか?スプレータイプで効き目が感じられない人は要注意ですよ!