心配な時は親にも確認してみよう

心配な時は親にも確認してみよう

ワキガは親から遺伝するといわれています。ワキの臭いがなんとなく気になる場合は、親にも確認をしてみましょう。遺伝の場合は普段から効果的なワキガ対策をすることが必要になりますよ。

 

心配な時は親にも確認してみよう

 

ワキガと遺伝の関係は

 

  • 遺伝する確率
  • 遺伝したかどうか
  • 遺伝のワキガの治し方

 

以上3つの点を見ていきたいと思います。

 

親からワキガが遺伝する確率は高い低い?

ワキガはアポクリン腺の数が多いほど可能性が高くなります。汗腺の数は生まれつき個人差がありますので、ワキガになる人とならない人がいますよね。

 

汗腺の数は親からの遺伝が関係しているため、親がワキガの場合は自分もなる可能性はとても高いのです。もしかしたらワキガ?と心配になったらまず親に確認してみましょう。

 

そこで気になるのが遺伝する確率ですよね。両親が二人ともワキガの場合は93%の確率で子供に遺伝するといわれています。

 

では片方の親がワキガの場合ですが、遺伝する確率は約75%とまだ高いですよね。思ったよりも親からの遺伝の確率は高いため、ワキガのセルフチェックする時はまず親がワキガかどうか調べることも大切です。

 

ワキガはいつ遺伝するか遺伝したかどうか調べる方法

親がワキガの場合、遺伝をストップさせる方法は残念ながらありません。しかしわかっていれば早めに対策が取れますので、ワキガの親がいるからと言っても慌てる必要はありませんよ。

 

では遺伝する時期なのですが、アポクリン腺が活発になる思春期が要注意で。おおよその年齢ですが女の子の場合は7歳~12歳、男の場合で9歳~13歳までの間がアポクリン腺が活発になりますので、中学生前後でワキガが強くなる可能性があります。

 

普段から体を清潔にして衣類をこまめに変えるなど、小さい頃から臭いに対して敏感になることが大切ですね。

 

親からワキガが遺伝したらどうやって治したらいい?

親からワキガが遺伝した場合はどうやって治したらいいのでしょうか。ワキガは生まれつきの体質だけでなく、生活習慣により影響をされることも多いため、遺伝の心配がある場合は普段の食生活にも注意しておきましょう。

 

最近は小学校低学年でもワキガになる子どもが増えているともいわれています。睡眠不足、運動不足、油っぽい食べ物やスナック菓子などは体臭が強くなる原因になります。

 

ワキガの低年齢化を防ぐためにも遺伝の可能性がある場合は早めに対策を取り、効果のあるワキガクリームで改善することがオススメです。

関連ページ

ワキ毛が濃い人はなりやすい可能性あり
ワキが臭うのは汗をたくさんかいたからなのか、それともワキガなのか、一度不安になると自分の臭いってとても敏感になってしまいます。ワキガかどうかを調べるには病院でチェックする方法もありますが、まずはセルフチェックでわかる項目を見ていきましょう。
洋服に黄色く汗染みができる人は可能性あり
洋服にワキ汗のシミが付くことがありませんか。健康な人の汗は無色無臭といわれています。ワキガになると洋服にも染みが残るほど目立つ症状がありますので、セルフチェックで注意したいポイントを早速ご紹介したいと思います。
耳垢がじっとり濡れる人は汗腺の数が多い
耳垢とワキガの関係って一瞬ピンとこない人は多いと思います。臭いのセルフチェックでは耳垢を調べることがとても重要になりますので、なぜワキガのチェックで耳垢が大切なのか、その理由について見ていきたいと思います。
汗臭いのとワキガの違いを理解しておくこと
汗臭いのとワキガは一見同じようにも思いますが、実はそれぞれ違う特徴があります。ワキガの場合は効果的な対策を始めないと臭いの軽減をすることができません。気になる臭いは汗臭いものか、それともワキガなのか、違いを見分ける方法を見ていきましょう。
スプレーの制汗剤を何度も使わないと効果がない
制汗スプレーはワキガにはあまり効果がないといわれています。もしかしたらワキガかも?と不安になる方はいつもどんな制汗剤を使っていますか?スプレータイプで効き目が感じられない人は要注意ですよ!